• ドイツ、イタリアなどヨーロッパやハワイ、海外、国内旅行のホテルや食事、交通手段、観光の記録です

コブレンツ、ドイチェスエックごはん≪屋外フードコート≫

コブレンツにてドイチェスエックを見た後は少し早めの晩御飯。
ドイチェスエックのすぐ近くに屋外フードコート(ビアガーデン)がありました

ソファ席があったりテーブル席があったり、席数も多くタープのような屋根もありました利用しませんでしたが、お手洗いも近くにありました

全体的に木々に覆われている感じだったので

場所によってはお昼でもそんなに日差しがきつくないと思います。
我々がお店に入ったのは夕方ごろだったのですが、食事を運んだぐらいで突然の雨

隣のグループが席を詰めてくれたり、ぎりぎりタープ屋根があったおかげでなんとかしのげました。
お店は食事メインのお店の他に、デザート類を販売しているお店、
カフェのようなお店の3店舗ほどがあったと思います。我々は食事メインのお店へ。

いわゆるフードコートのような感じ。
端に置いてあるトレーにフォーク・ナイフ・紙ナプキンを取り、お店の人に欲しいものを伝えます。
出てきた食事をレジに持っていけばOK。


ドリンクは別のコーナーに並んでオーダー。瓶ビールやジュースがありました。ファンタオレンジを注文しましたが、予想を裏切らない常温に近いファンタ。まあ、予想はしていたけど…けど…けど…こっちでは日本の様に氷が入ってる飲み物は少ないのでしょうがない。
ドイツではビール以外は水もソフトドリンクもわり高でちょっと残念涙 ^^ゞ

お店のメニューを拡大した写真がこちら。

Spiessbraten mit Pommes frites】と【Asian noodle】をオーダー。
Spiessbratenが何か分からず、とりあえずお肉っぽい美味しそうな写真を見てオーダーしました。
あとで調べると【串焼きにした肉】とのこと。豚肉を炭火で焼いているみたい。たしかに丸い形をしていました。
真ん中にあるぶよぶよしたものはなんだ…!?と思い恐る恐る食べみると
じっくり調理されたたまねぎでした。
そこに濃いめのソースがたっぷり。ビールに合う味付けでした

Asian noodleは日本で食べる焼きそばのようなものではなく
東南アジアの屋台で食べるような味付け。オイスターソースに少し独特な香り。麺は柔らかめでしたが、久しぶりに麺類を食べられて新鮮でした。
あと、食器返却の際の注意。ドリンクオーダー時のジョッキ代が帰ってきます。
食器はテーブルに置きっぱなしにせず返却場所へ。
返却場所がドリンクオーダー場所の近くだったのですが、トレーそのまま返そうとするとジョッキはここではないというジェスチャー。すると近くのお兄さん(店員)がこっちだよーと声をかけてくれました。
返却すると€1が戻ってきます^^日本のビアガーデンと同じ仕組みでした

ドイチェスエックの近くで食事をとりたいときはぜひ

Königsbacher Biergarten am Deutschen Eck GmbH

anziger Freiheit 2, 56068 Koblenz,

Follow me!